トピックス

当院では比熱効果(機械的効果)の超音波治療機を使用し、2種類の発振周波数(750Hz1.5MHz)を使い分けることで浅部から深部まで様々な患部の治療に対応しています。



















aaaaaaaaaaaaaa

スポーツ障害外来から

「毎日頑張ってスポーツ・部活動に励んでいたら、何だか腰が痛くなってきた。」
「レントゲンを撮ったが異常なしと言われたけど、まだ痛い。」
  ⇒それは腰の疲労骨折(腰椎分離症)かもしれません。
     疲労骨折の早期発見が可能なのはMRIのみです。
     当院ではMRIによる腰椎分離症(疲労骨折)の早期発見に尽力しています。

治療:骨が癒合あるいは良い形に治るようにコルセットを装着します。

発症初期から骨折部位の色が変わり、早期発見可能です。

治療器機紹介

 

超音波治療機 【オステオトロンⅤ】                           

超音波療法とは

  人の耳に聞こえない周波数帯(20kHz以上)、超音波を用い、機械的振動を利用して温熱作用や骨癒合促進などを目的とした治療器機です。

 

超音波療法の作用

  超音波の生理的な作用は、温熱効果と非熱効果(機械的効果)に分別されます。

 

 温熱効果                   機械的効果

 ・組織の柔軟性向上               ・急性期などの炎症症状改善

 ・血流改善                   ・浮腫の改善

 ・循環不全による痛みの緩和           ・骨癒合の促進

 ・筋緊張を緩め筋スパズム(筋肉のこり)改善 

                             など