スポーツ障害外来から

「毎日頑張ってスポーツ・部活動に励んでいたら、何だか腰が痛くなってきた。」
「レントゲンを撮ったが異常なしと言われたけど、まだ痛い。」
  ⇒それは腰の疲労骨折(腰椎分離症)かもしれません。
     疲労骨折の早期発見が可能なのはMRIのみです。
     当院ではMRIによる腰椎分離症(疲労骨折)の早期発見に尽力しています。

発症初期から骨折部位の色が変わり、早期発見可能です。

治療:骨が癒合あるいは良い形に治るようにコルセットを装着します。